木について、語ります。



私達は木を使って建築を行ってますが、木を育てる事も行ってます。(旧西谷村にて)

やはり木の世話をする事によって性質や木材種による違いなどが勉強できます。

それを元に適材適所で木を使用しています。        


木材断面の説明   
                 

 これはスギの断面ですが、白太は廻縁や鴨居などの造作材に、赤身は強度がある為柱や梁、桁などに
使用します。木材を切断する時には、柾目で取るか、木目で取るかによって木材の表面柄が変わってきま
す。とにかく、適材適所を考えて木材をひく事が重要です。


木材の種類

ケヤキ
とにかく堅く重たい木材で、耐久性は最強です。社寺仏閣には欠かせない木材ですが、乾燥までに非常に時間がかかります。

とても希少な木材なので、高値での取引となっています。
加工にも手間が非常にかかるため、コストはスギやヒノキスを使用するより数倍かかります。

   



スギ
 スギという和名の由来は、樹がまっすぐなことからいわれています。木目はまっすぐ通り、肌目はやや粗い。

材質は柔らかくて軽く、加工しやすい。丸太の木口でみると、辺材は白、心材は淡紅色から暗褐色というように、

その差がはっきりしている事が分かります。日本で最も多く植林されている木なので、国産材の中では安価です。

この花粉が私たちを悩ませています。柱、通し柱、間柱、壁・天井下地、和室造作材などに使用しています。

製材した後は、花粉の影響はもちろんありません。室内に使用しても大丈夫ですよ。                                                                                  
 


ヒノキ
 和名は「火の木」からきたもので、古代ではこの木をこすって火をおこしたとされております。

このことから、乾燥性能が高い木材であることがわかります。肌目は繊密で美しく、やさしい表情が特徴です。

独特な芳香もあります。材質は柔らかくて軽いが、強度は高く、耐朽性が高く、狂いが少ない優良材。

柱には背割れをして長年の木の変化に対応することも必要です。

柱、通し柱、大引き、屋根タルキなどに使用。私たちは一番使用する木材です。                                                               
 



ベイマツ
木目はマツに似ていますが、分類上はマツ科トガサワラ属です。

辺材は白っぽく、心材は橙色っぽい赤色で、やや重く堅くて強度は高い。
北米産針葉樹。梁、桁、火打、母屋、屋根タルキ、二階床タルキなどに使用しています。 

 
                                                   


ヒバ
 アスナロのことです。特有の強い香りは精油成分によるもので、その中の一つヒノキチオール
は腐朽菌に強く、白蟻なども寄せ付けない。最も腐りにくい木材です。

ヒノキ以上の耐水性がある。青森ヒバは国有の天然林で育ち(樹齢150年〜200年)、

石川県の能登ヒバは人工造林。土台、床タルキ、屋内外加工材、ウッドデッキ、木製風呂などに使用しています。        

 ヒバ製ベランダ施工例(二階床・手摺部)

       


3階屋上ヒバ製ウッドデッキ



カラマツ
 落葉松ともいわれ、針葉樹としては珍しく落葉する。幼壮期の生長が極めて早く、
人工林では樹齢30から40年で伐採、出荷されるものが多い。辺材は白、心材は
赤褐色で、その境目がはっきりしている。ヤニ気が多い。針葉樹としては重く堅い方で、
加工しにくい。乾燥収縮率が大きいが、よく乾燥させて使えば、魅力ある木材といえる。
土台や外壁に適する。 写真は信州カラマツ羽目板です。主に外壁や内部腰板に使用。


                                                                          


木についての常識・非常識!

 木造建築物を自信を持ってお勧めするために、私たちなりに木の性能をわかって頂きたいと思い、このページを作りました。

                                                              
         大黒柱 210mm角         構造材 幅120mm以上     管柱 120mm角(2階部)

  
                登り梁 135mm×330mm      


1.木は鉄より強い?

 木の断面を拡大すると、沢山の細長い細胞が木の縦方向に壁を立てにしたような形でびっしり並んでいます。

木が生きている間は、ここをパイプのようにして、栄養分や水分を運んでいたのですが、

この構造こそが、木材は横方向に比べて縦方向に強いという理由です。
 縦方向の強度は横方向の3倍から20倍もあります。木と鉄の強さを比べてみると、

杉の縦方向の引張り強さはc屬△燭蝪坑娃娃襭腓阿蕕い紡个掘同じ断面積の鉄の棒では約5tになり、

鉄は杉の5.5倍の強さがあることになります。しかし、杉は鉄よりも格段に軽く、

比重で比べれば杉が0.38、鉄は7.8です。
 ここで、重さあたりの強度で比べれば(比強度と言います)、杉は鉄に比べ4倍近く強度があるのです。

つまり、同じ強度の家を作ろうとすると、鉄骨造やコンクリート造の重さは木造に比べて、

かなり重くなってしまい、確実にコストアップにつながるといえます。

       


2.木は熱を伝えにくい

 木に触るとほんのり温かいという経験が誰にもあると思います。たとえば寒い冬の朝、

コンクリートの床を素足で歩いたら身が縮んでしまいますが、木の床ならば平気で歩く事ができます。

私たちの冬の仕事中でも木を触っての作業は全然苦になりませんが、鉄は冷たくて素手では持てません。
 これは、木材には熱を伝えにくいという性質があるのです。熱の伝えやすさを熱貫流率という数値で表しますが、

同じ厚さの木とコンクリートを比べると、コンクリートは木の5倍も熱を伝えやすく、これはコンクリートが木に比べて、

寒いときはには冷たく、暑いときには熱くなりやすいということを意味しています。

夏にコンクリートの上を素足では熱くて歩けませんが、ウッドデッキでは素足でも熱くありません。
 また、木は熱を伝えにくい上に、細胞は隙間に沢山の空気を含んだ構造になっているので、

急に熱くなったり冷えたりする事もありません。特に厚みのある木は断熱性も高くなります。

厚板の床が気持ちいいのはこのためだということですね。

 
     

     ナラ無垢フローリング15mm     カラマツ無垢フローリング21mm (長野県産)  クリ無垢フローリング15mm(岩手県産)


3.木は伸び縮みしています

 山から伐り出されたばかりの木には、沢山の水分が含まれています。

かつてはスギを伐採した後、枝をつけたまま山に数ヶ月放置し、

葉から水分を水分を放出する葉枯らし乾燥を行って木材を運び出したり、

実際に使用するまで半年ぐらい寝かせて自然乾燥させたりしていました。
 このように木が使われるまでにたっぷりと時間を掛けていた時代には、

その時間で木はゆっくり乾燥していきました。葉枯らし乾燥を今でも行っている産地がまだありますが、

最近は木材を乾燥室に入れて蒸気乾燥や減圧乾燥、高周波加熱乾燥などで人口乾燥するやり方が多くなってきています。
 木材はある一定以上に乾燥が進むと縮み、逆に水分を吸収すると伸びる傾向があります。

この伸び縮みは、この細胞の大部分が縦方向に並んでいるので、縦方向にはほとんど縮みませんが、横方向には数%縮みます。

よく乾燥して水分が安定した木材ならば、反ったり縮んだり割れたりはしにくいものです。
 もし、乾燥が足りない木材で家を建ててしまうと、木材が乾燥するに連れて縮みや割れを生じる場合もあります。

そのようなことの無い様、乾燥材を注意深く適材適所に使用しています。また、木には適切な伐採時期があることもしっておいてください。

木は春から夏にかけて水分や養分を根から吸い上げ活発に生長しています。

つまりこの時期に伐採した木は水分や養分が多く、カビや虫害に侵されやすいのです。

木の活動が停止している秋から冬にかけて伐採した木の方が、木材に適しているといえます。

私たちも秋材を倉庫に保管し、構造・造作材や下地材に使用しています。

   


4.木材になっても吸収している。

 木は伐採してもそのまま生き続けます。だから、木材は周囲の湿度に反応し、湿気を吸い込んだり吐き出したりしています。

専門用語であれば「平衡含水率」といいますが、木の水分がある温度と湿度の元でつり合うと木材は安定します。

季節や地域など条件によって違いますが、たとえば日本の平均値としては温度20度、湿度75%の場合、含水率は15%程度で安定します。

このような平衡状態にある木材は、梅雨時期のように空気中に多いとき、その水分は木の細胞の空いた部分に入り込み、

逆に冬の乾燥した空気中へは木材内の水分が飛び出していき、一定の含水率を保とうとするのです。

これが、湿度を調整するという事になります。

     


5.木は適材適所に使えば腐らない。

 木を腐らせる腐朽菌はキノコの仲間で、適当な温度と水分と酸素、そして栄養分がなければ生きてはゆけません。

その栄養分が木そのものなのです。木を使う場合、この栄養分を排除することはできません。

また酸素も温度もコントロールしにくいものですが、水分は比較的コントロールが簡単です。
 まず水がしみこまないような工夫と、湿度の低い状況にする工夫が必要になります。

そして木にも腐りにくい木、腐りやすい木がありますから、地面に近い土台などには腐りにくい木を使うなど適材適所を守る事が大切です。
 また、木は年輪の中心部を心材(赤身)といい、外側を辺材(白太)といいます。

辺材は栄養を蓄えるはたらきをする柔細胞が活動しているため水分と養分が多く、心材は細胞が既に活動を終え固定化しています。

心材が辺材に比べて腐りにくく虫がつきにくいのは、このためなのです。ですから、くさりにくい材種であっても心材を使う事が基本です。

       

 120角 土台用ヒバ材(腐りません) 床下に調湿材(木炭)を入れれば床下もからっと。   


6.太くて厚い木は燃えにくい。

 木は燃えやすいといわれますが、太くて厚い木はそう簡単には燃えません。

木が燃え初めて表面が黒く焦げててきたところを炭化層といいますが、この炭化層は熱を伝えにくく、

酸素を運びにくくするので、燃える速度は弱まります。ある程度厚みのある木材の燃え進むスピードは、

一分間に0.6mm程度といわれていますから、私たちが従来使用する柱・梁ならば30分間火にさらされても、

表面から18mm程度焦げて、中身は残っているという事になります。また、5X10cmの木と鉄の梁を荷重をかけながら燃やす実験では、

鉄は5分もしないうちに強度が半部以下になってしまうのに対し、木は10分経っても強度は80%保っています。
 火事の被害では、有毒ガスを吸って逃げ遅れることが多く、これは内装材のプラスチックや化学繊維が燃えて有毒ガスを出すからです。

それに比べて木は煙も少なく、一酸化炭素は出しますが、他の有毒ガスはほとんど出しません。

             
ラスチックなどの住宅建材
で火災が拡大。
                 極太の梁を使用すれば、避難などに有効。


7.木の家は地震に弱くない。

 木造の家は鉄筋コンクリートの家より地震に弱いと思われているようです。

確かに、阪神淡路大震災では、木造住宅が甚大な被害を受けました。しかしそれは、木造住宅の数の多さと、

メンテナンスが正しくなされていなかったために大切な箇所が腐ったり、白蟻でやられたり、正しく筋交などが設置していなかったり、

木造軸組み工法そのものの問題ではない原因が数多く報告されています。

そもそも重さあたりの比強度において優れる木材で作られた木造住宅は、その重量が鉄筋コンクリート住宅より軽くなります。

地震のエネルギーは建物の重さに比例して重い建物ほど大きなエネルギーが掛かってきますから、

軽い木造住宅の方が地震力にはうまく抵抗することができるといえます。

地震力や台風時の風圧力に対し、しっかり考えられ、さらに長持ちするための工夫がなされた私たちが造る家なので、

大きな地震でも簡単に壊れる事はありません。

    

 筋交施工例              極太筋交 (105mm×105mm)


8.木は節があってあたりまえ。

節は枝の痕跡です。枝が生きたまま包み込まれていったのが生節(いきふし)で、

枯れてから包み込まれていったのいが死節(しにぶし)です。

死節は幹とつながっていないため、抜けてしまうこともあります。その場合は木片をつめて補修します。

まったく節の木材は無節といって最高級品です。木を育てる長い間に枝打ちを丹念に行った木のみ無節がとれます。

小さな生節が少しあるのは上小節といって上等材です。節があっても強度が劣るわけではありません。

誰もが木に枝があるのはあたりまえと知っているのに、木材になると無節に価値を求めるのも、ちょっとおかしいかもしれません。

一等材で安価な木材を、節も味わいの一つとして、そして節も木の中身の一つとしてお考えになるのであれば、

どんどん室内や外装に使われる事をおすすめします。

            

 赤松の小節が入った羽目板張りの壁。    無節の高級羽目板張りの壁



木造住宅は温暖化防止にに貢献                                           

     
          
数年前の中日新聞より

上記の記事を読んで「木造建築物は二酸化炭素の貯蔵施設と同じ」という所は正直驚きました。

私たちが国産の木材を使用することによって森林の管理がくまなくされれば、

温暖化防止に貢献できる事になり木造建築物はこの様なところでもメリットがあるのです。                               


 

                  トップページへ